タイズプレゼンテーション

ピタゴラスの穴 by 雑学界の権威・平林純

著者 平林純
1968年、東京都生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。ウェブサイト「hirax.net」主宰。全く役に立ちそうもない雑学的な科学ばかりを日々研究している。著書に「論理的にプレゼンする技術―聴き手の記憶に残る話し方の極意」(サイエンス・アイ新書)など。

データで眺める誕生日、生まれる人が少ないのは「土日祝日と○月×日」

意外と偏っている誕生日!
「ゴールデンウィーク」と「年末年始」に多いことが判明

誕生日は偏(かたよ)りなくバラついている。特定の日に生まれる人が多い・少ないということはなくて、どの日にも同じくらい生まれた人がいる…という印象があるかもしれません。しかし、人の誕生日は、色々な理由で、意外に偏っているものです。

たとえば、一昨年2015年に生まれたこどもたちの誕生月日(および誕生時間)を、総務省 統計局が公開している2015年分の出生数,出生年月日時・出生の場所別統計表を使い、生まれた人が多い月日・時刻をオレンジ色に・生まれた人が少ない箇所を緑色にして描いたのが下に貼り付けたものです。グラフ中の「各月は、縦軸が日付、横軸が0時~24時を表したもの」です。

このグラフを眺めると、生まれた人が多い月日・時刻と生まれた人が少ない月日・時刻が綺麗に分かれていることがわかります。ひとことで言ってしまえば、時刻では9時台から17時台、曜日で言うと月曜から金曜日(祝日はのぞく)と。見事なまでに「2015年の営業カレンダー通り」になっています。

分布図

平日に多くて、土日祝日には少ないさまは、その下に貼り付けた(横軸を月日、縦軸を生まれた人数とした)折れ線グラフからも一目瞭然です。つまり、計画分娩で出産日時がコントロールされているさまがよくわかります。見事なくらい、年末年始やゴールデンウィークといった連休カレンダーが見えてきます。

折れ線グラフ

偶然?それとも…

「4月1日」生まれが一番少ないわけとは?

この折れ線グラフをさらによく眺めると、土日祝日以外の平日でも「生まれた人が少ない日」があります。…それは、4月1日(2015年は水曜日)です。4月1日に生まれた人が少ないのは偶然や気のせいでしょうか?いえ、もちろん、それは「計画」によるものです。小学校入学の同学年は「4月2日生まれ〜次の年の4月1日生まれ」なので、4月1日は究極の早生まれに相当します。そのため、同学年の中で一番幼いことによる不利を考えて、4月2日以降の出産が選ばれているというわけです*。その結果、4月2日と3日は生まれた人が多くなっています。

データで眺めてみると、生まれる人が少ない「土日祝日と4月1日」と比べて、普通の平日は2割〜3割くらい生まれる人が多くなっています。誕生日はその年のカレンダーと連動しているので、誕生した人が多い日・少ない日は、年によって偏りが生まれます。ちなみに、休みとして月日がいつも決まっている祝日は、いつの年であっても「生まれた人は少ない」ということになるので、色々な年で平均してみてもやはり誕生日には偏りがあることになります。

結論!
・生まれる人が少ないのは「土日祝日と4月1日」

・生まれる人が多いのはゴールデンウィークや年末年始などの連休

・「究極の早生まれ」を避けた計画的な出産がデータからわかる!


*ちなみに、小学校入学の同学年が「4月2日生まれ〜次の年の4月1日生まれ」となるのは、明治三十五年法律第五十号(年齢計算ニ関スル法律)で年齢の決め方が「年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス」とされていることと、学校教育法(昭和二十二年三月三十一日法律第二十六号)
第二章(義務教育)の第十七条 「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う」という1文により決まっています。こういった「年齢に関する数字の話」については、また別の記事で書いてみることにします。

尿跳ねを解消する「究極小便器」と「尿跳ねを防ぐ2つのコツ」

便器に沿って角度30度以内、20cm以内に当たるように狙え!

尿跳ねは、便器にぶつかる「小便の運動エネルギー」が原因で起きる!

男性が小便器を使う時の尿跳ねは、便所の汚れや匂いを発生させたり、跳ね返った尿が衣服に付いたりもする、男性の頭を悩ます大問題です。この尿跳ねは一体なぜ起きるのでしょうか?

その理由は、「便器にぶつかる瞬間に小便(尿)が持っていた運動エネルギーのせい」です。勢いよく飛んできた尿が便器にぶつかった瞬間、尿はその勢いを止めきれず、まるで何かにぶつかった水風船やスーパーボールが飛び跳ねるように、便器の表面から空中へと跳ね返っていくのです。

01

もちろん、尿が跳ね返らないこともあります。それは、尿には便器表面に付着しようとする力も働くので、たとえば尿が便器に向かって斜めにぶつかってきた場合などは、その力によって「尿は便器表面に沿った方向に流れていく」ようになるからです。

それなら「尿が付着しやすい便器を作ってしまえば、尿ハネが解決して最高じゃない!?」となるかというと、話はそう簡単ではありません。なぜなら、便器に付いた尿は「跳ねなくなる」かもしれませんが、「尿汚れが落ちにくくなる」ということにもなってしまうからです。

尿跳ねを防ぐ、未来の「究極小便器」が開発されている!

そんな悩みを解決すべく「尿跳ねを防ぐ究極の小便器」を作りたい!というプロジェクトがあります(*1)。UrineLuckと名付けられたこのプロジェクトは、「尿が便器に向かって斜めにぶつかってきた場合には尿跳ねはしない」ということを利用したものです。

02

便器面に鋭い板をたくさん取り付けて、飛んできた尿がそれらの板に沿って流れていくように設計されているのです。また、さらに、便器の奥面に向かって尿が勢いよくぶつかったとしても、尿が跳ね返ってくることができない板を斜めに曲げつつ配置させることで、尿跳ねを全く生じさせない究極の小便器を実現するというのです。この小便器が搭乗したら、まさに理想の
小便器になりそうです。

飛び散り知らず!理系紳士の放尿とは?

03

けれど、究極小便器が一般的になるのは未来の話。そんな小便器はまだ身の周りにはありません。それでは、尿跳ねを防ぐには、一体どうすればいいのでしょうか?

米国ユタ州立大学Splash Labの研究(*2)によれば、男性器の先端から放たれた尿があまり長く空中を飛ぶと、その間に細かに別れてしまうために便器に当たった時の尿跳ねが(尿が便器表面に付着し続けることができず)避けられなくなってしまうといいます。

また、ハーバード大学の研究報告(*3)の中にある実験データをもとにすると、尿が便器にぶつかるときの角度が30度を超えると尿跳ねが起きやすい、ということがわかります。

結論!

・(先端から出た尿を)飛距離20cm以内で

・便器に沿って斜め30度以下の(小さな)角度でぶつかる

ように小便をすれば尿跳ねは起きにくい!


*1 UrineLuck!(http://engin1000.pbworks.com/w/page/37794872/UrineLuck!)

*2 The Splash Lab :Urinal Dynamics: a tactical summary(The Splash Lab)

https://www.youtube.com/watch?list=UUuCMqFXQKHS72ZRtDBM2A2w&v=UgOx7zPtsaM

(http://www.bbc.com/news/science-environment-24820279)